HOME > 後悔しない為の自分に合ったエージェントの見分け方

後悔しない為の自分に合ったエージェントの見分け方

ハワイの不動産売買は、買い手様、売り手様に付いたエージェントによって大きく変わります。
購入者はなるべく安く、売却者はなるべく高く、以上の通り、相容れない状況をまとめるのがエージェントです。そして何よりも、トラブルを未然に防ぐ力が重要になってくるからです。

まだこちらをお読み頂いてない方は先にこちらをご覧ください。
→◆【ハワイの不動産売買はエージェント選びで大きく変わります

そこで【自分に合ったエージェントの見分け方】についてお伝えします。

自分に合ったエージェントの見分け方

1.自分に合いそうな不動産会社、及び、エージェントを探す

見つけ方は様々です。新聞や雑誌の広告、TV、本、セミナー、ネット、人からの紹介、その他。もし日本語のできるエージェントがいれば一度、電話でも話してみる。

2.一緒にお茶を1時間ぐらいして、その人の人間性を見る

自分の希望物件の話を聞いてくれるのか、又はエージェントが一方的に話して意見を押し付けてくるなど、よく判断してください。自分と性格が合い、自分の為に動いてくれるエージェントを探してください。

3.持っている知識を惜しみなくシェアーしてくれる方を探す

いくつか不明点など、質問してみてください。購入時に気を付けることはどんな事があるか。そして「ハワイ不動産協会」、または、「ホノルル不動産協会」に入会しているかも確認してください。また、「今年の営業許可カード」を見せてもらう事も安心・安全の手段と言えます。

4.常に電話で連絡が取れるエージェントか確認する

不動産エージェントは、それぞれの不動産会社に所属していますが、頻繁に点々と不動産会社を移動するエージェントが多く、何か困ることがあると携帯電話がつながらなくなる人もいます。そのため、いつでも電話がつながることを確認してください。

5.希望、計画、何の為か、予算等々、目的をはっきりとエージェントに伝える

これがはっきりエージェントに伝わってないと的外れな物件を提案されることになります。
それはお互いにとって時間とエネルギーのロスになります。

6.日曜日のオープンハウスは、一緒に行ってくれるエージェ ントと回った方が効果的

購入の場合は特に気を付ける。 自分や家族、友人だけでオープンハウスを回るのは、売り手側のエージェントの一方的な情報を聞く事になる為、避けた方がいいです。

7.購入を急がせたり、高額な物件を買わせようとするエージェントには気を付けてください。

ハワイの不動産は安くありません。本当に気に入って、真の価値がある物件を購入する必要があります。その為、自分の都合で購入を急がせたりするエージェントには気を付けてください。

まとめ

  • 正規な不動産エージェントであること。
    (不動産協会に所属している、今年の営業カード番号の確認、携帯番号がつながることを確認)
    ※ライセンスを持っていても不動産協会に所属していない人は多くいます
  • お客様の立場になって希望物件を探してくれること。(人間性、相性)
  • 価値を見極める目利きができること。(経験値、経験年数)
  • トラブルになる可能性を素早く見つけて、未然に防げること。(エージェントの知識)

こちらもあわせてご覧ください。
→◆【ハワイの不動産トラブルと防止策 トラブル相談事例

ページTOPへ戻る

Copyright(c) 2016 Fogarty Realty. All Rights Reserved.