HOME > ハワイの正確な情報を知りたい日本の皆様へ

ハワイの正確な情報を知りたい日本の皆様へ

多くの不動産投資家や別荘購入の方々、物件オーナーが興味を持たれるのが、不動産売買および維持管理に必要な最新情報ではないでしょか?

たとえば、、、

  • ハワイ経済の現実と買い時・売り時の判断材料
  • ハワイ不動産運用の資料
  • ハワイ不動産市場の現況、および観点
  • 最新の業界厳選ニュース(各種公的データ)
  • 業界関連の法律改定など(不動産購入、物件管理、売却時に影響する内容)
  • ハワイ不動産売買のトラブルを未然に防ぐための情報
  • ハワイ不動産投資の初級基礎知識
  • ハワイの人口、観光、経済、社会、建設、土地開発など、今後、ハワイの不動産市場に影響しそうな情報を生情報源から選び抜いたテーマを掲載

などなど、ハワイの「生」の不動産関連情報をニュースレターとして年4回(1月、4月、7月、10月)に郵送しています。既にハワイに物件をご所有の方はもちろんのこと、これからハワイの不動産購入を考えたいと思われている方にも必読のニュースが満載です。

具体的にはこのような内容です。

2016年4月号のニュースレターより抜粋

(2)世帯住宅の販売数と中間価格が上昇

ホノルル不動産協会によると、在庫不足により1月にオアフ島の一世帯住宅の中間価格が新記録の73万3500ドル(約8,067万円)に上昇した。 一世帯住宅の販売数も2015年1月と比べて10.5%増加した。

一世帯住宅の中間価格は、2015年9月に達成した最高記録の73万ドル(約8,030万円)を超えた。 また、2015年1月の中間価格から8.7%上昇した。

1月の一世帯住宅の中間価格は5か月連続で70万ドル(約7,700万円)以上だった。

ハワイ大学の経済調査機関は、オアフ島の一世帯住宅の中間価格は2016年に77万ドル(約8,470万円)を超え、2017年には80万ドル(約8,800万円)を超える、と予測している。

(3)外国人投資家がハワイの物件購入

ハワイ州の商業・経済促進・観光部門が、2008年から2015年9月までの全ての住宅販売をタイトル・ギャランティ社の資料をもとに分析し、以下のように報告した。

カナダ人が日本人を抜いて、2008年から2015年9月までの間に最も多くハワイの住宅を購入した。最も多く購入した7か国は以下の表の通り。

ハワイの不動産の海外購入者ランキング
1位 カナダ
2位 日本
3位 シンガポール
4位 オーストラリア
5位 香港
6位 中国
7位 韓国

(5)カカアコのコンドミニアム・アエオの建設開始へ

カカアコの開発を手掛ける、ハワード・ヒューズ社はホールフーズの旗艦店が一階に入居するコンドミニアム、アエオの建設に着手することを発表した。 建設地は、かつてオフィスデポがあった場所になる。

(6)カカアコの開発が続行

去年からカカアコで、多くの高層コンドミニアムの建築が始まった。
2016年はさらに多くの建築が予定されている。

四つのコンドミニアムタワー、ザ・コレクションシンフォニー・ホノルルワイエア、そして801サウスストリート・ビルBが今年オープンする予定。 988ハレカウ・ヴィラゲートウェイ・タワーズなども今年、着工する見込み。アナハは、2017年頃になる見通し。

(11)ハワイ大学生向け、アパートを建設計画

地元紙の記事によると、ハワイ大学マノア校の生徒をターゲットにした、14階建て、195ユニットのアパートを建設すると発表した。

学生の需要に合わせ、自転車置き場や、駐車場も完備される予定。建設地は、ユニバーシティとサウス・キング通りの角、現在は、3階建ての商業物件の建物がある。

(17)商業用不動産が好調〜2015年 売上げ総額45億ドル

2015年は商業用不動産を求める投資者が増え、最高記録に近い業績を上げた。

2016年3月4日に発表された報告によると、ショッピングセンター、ホテル、オフィスビルやその他の商業用不動産の売上高は45億ドル(約4,950億円)に達している。

報告は不安定な株式市場や先物価格の下降などに嫌気がし、比較的安全な不動産市場にくら替えした投資家が増加したことが、売り上げが伸びた主な理由だとしている。


源泉徴収される不動産利得税率の引き上げ
短期賃貸と長期賃貸に関する厳しい審査

いかがだったでしょうか?

 このニュースレターを読まれている方々から、「とても参考になっています」と感謝のお声を多く、頂いています。また、ハワイ不動産に興味がある友人に、フォガティ不動産のニュースレターを渡しました、知り合いにハワイ不動産のことを相談したら、フォガティ不動産のニュースレターをもらいました、などなど、口コミで広がっている評判のニュースレターです。

ニュースレター3つの特徴

1.ハワイ不動産業界の厳選ニュースと各種データ

インターネットで不動産に関する情報があふれる中、正確かつ使える情報のみを厳選して分かりやすく掲載。不動産マーケットに影響する最新の業界厳選ニュースと各種データ、その他、不動産情報をはじめ、社会、経済、観光経済、開発情報、ハワイの情報源から選び抜いたテーマを掲載しています。

2.ハワイ不動産業界の法律改定およびトラブルを防ぐ情報

業界関連の法律改定(不動産購入、物件管理、売却時に影響する内容)、およびトラブルを未然に防ぐための情報など、物件オーナー様だけでなく、賃貸ご希望の方にも役立つ情報がいっぱいです。

3.厳選された物件情報

不動産業歴40年以上の経験と実績から、日本人が居住するに適した地域の「厳選された物件情報」を掲載しています。

厳選物件の条件
  1. 日本人が住むのに適した環境の地域(オアフ島のみ)
  2. 治安が良い
  3. 交通のアクセスがよい
  4. 病院、学校、保育園、銀行、郵便局等公共施設が近場にある
  5. モール・スーパー・レストラン・商店にアクセスし易い
  6. コンドミニアム
    (一軒家をお探しの方は、直接ジニー社長へご連絡ください)

その他、社長ジニー・三千代・フォガティが執筆する随想「ハワイつれづれに・・・」そして直筆の短歌など、1974年からハワイで不動産一筋に生きるフォガティの考え方や人柄にも触れていただくことができます。自分が日本人であることを忘れない様に始めたのが1988年です。

1988年創刊 フォガティ不動産のニュースレターで、あなたもハワイ不動産の買い時、売り時、維持・管理する為の方法、最新情報に詳しくなれますよ!

多くの不動産投資家や別荘購入の方々が読んでいるハワイの不動産情報誌、年4回発行(1月、4月、7月、10月)、3000円/年のニュースレターを、新しくお申込みの方には、2回分無料でお届けします。

ニュースレターのお申し込みフォーム

ニュースレター登録による強いセールスは、一切いたしませんのでご安心ください。

お名前 ※必須
郵便番号 ※必須
ご住所 ※必須
メールアドレス ※必須

簡単なアンケートにご協力くださいませんか。

①フォガティ不動産をどちらでお知りになられましたか?


②ニュースレターにはどんなことを期待されてますか?


③年に何回ほどハワイへいらっしゃってますか?


上記内容でよろしければ「はい」にチェックをして頂き、送信ボタンを押してください。

はい

ページTOPへ戻る

Copyright(c) 2016 Fogarty Realty. All Rights Reserved.